「指切りげんまん」って怖い意味が隠されているって本当!?
スポンサードリンク

約束するときに「指切りげんまん」したことある人いますよね。というか日本人ならほとんど経験があると思います。

小さい時から、約束するときには指切りするので「約束するときは指切りげんまん」と体に染み込んでしまってるようにも感じます。

ただ指切りげんまんには、ちょっと怖い都市伝説があるのをご存知ですか?

指切りげんまんに隠された本当の意味が怖い!

指切りをするときには「指切りげんまん嘘ついたら針千本飲~ます指切った」とやりますよね。実はこの意味がヤバいらしいのです。

もともと「指切り」というのは江戸時代に遊女がしていた行為です。遊女が客に対して不変の愛を誓う証として、自らの小指を切り渡したことが由来と言われているんです。

「指の1本や2本失ったとしても、あなたのことを愛していますよ」という客への忠義というわけですね。

ハッシー
そこまでして客にコビを売るのもどうかと……

遊女が行っていた指切りが「約束を必ず守る」という意味に変化して一般庶民にも広がっていきました。

そして「げんまん」。これは漢字で書くと「拳万」と書きます。つまり「1万回のゲンコツ」という意味です。

指を切るだけでは物足りず「約束を破ったらゲンコツを1万回するよ」と後から付け足されました。

さらに「針千本飲~ます」。これは字の通り「針を千本飲ます」という意味。魚のハリセンボンは俗説で、針を千本飲ますというのが正しいみたいです。

ハッシー
私はてっきり魚のハリセンボンと思っていました。

なので指切りげんまんの本当の意味は、

約束を破って嘘をついたら、指を切って、1万回ゲンコツをして、さらに針を千本飲ませるから約束は守ってね♪

という意味になるわけです。怖いですね。怖すぎますね。

でもそのくらい昔(江戸時代)の人たちは、約束を大事にしていたということです。「約束は絶対に守るべきもの」という世の中だったともいえます。

ハッシー
現代とは時代背景がまったく違っていたんですね。

指切りげんまんには続きがあった!?

指切りげんまんの歌詞には続きがあったという都市伝説もあります。歌詞の最後には「死んだら御免」と江戸時代では歌われていたというのです。

この意味は「約束守る前に死んでしまったらゴメンよ」ではありません。「死んで詫びる」という意味です。

指切り拳万
嘘ついたら針千本飲ます
指切った
死んだら御免

本当の意味を知ってしまうと怖いですね。私たちは子供の時から約束するときに「指切りげんまん」して約束をしてきました。その意味を知らずに。

今の子供たちも普通に指切りげんまんしてますよね。間違いなく本当の意味を知らないでしょう。

時代が流れるにつれて本来の意味ではなく、ただ単に「約束をする」という意味に変わった指切りげんまん。

実際に指切りげんまんの歌詞のようなことを、約束を破ったらするとなると指切りげんまんする人はいなくなるでしょうね。

ハッシー
確実にいなくなります。そうしないと人口が半分くらいになっちゃいます。

しかし江戸時代では本当に、そのくらいの覚悟で指切りげんまんしていたのかもしれません。「約束は大事」だという世の中でしたから。

約束を破ったら死んでお詫びをするくらいの覚悟で、江戸時代の人たちは毎日生活を送っていたのかもしれません。

現代では、簡単に約束を破ったり嘘ついたりということは日常茶飯事ですよね。

江戸時代の古き良き日本人の「約束の大切さ」を考えさせてくれる指切りげんまん。

私たちには昔の人々の血が流れています。昔の人達に恥ずかしくないような生活を、普段からもう少しだけ心がけていきたいですね。

ハッシー
特に私は……
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事