紙コップ式の自動販売機の中はゴキブリだらけという都市伝説
スポンサードリンク

自動販売機って知ってますか?

「知ってるに決まってんだろ!」という声が聞こえてきそうですが.......。

自動販売機って言っても色々ありますよね。ジュース・お菓子・アイスなどなど。

ここではジュースの自動販売機にまつわる都市伝説を紹介していきます。

紙コップ式の自動販売機の内部にはアイツがウジャウジャ!?

ジュースの自動販売機でも、缶・ペットボトル・紙コップの3つに分かれます。

缶やペットボトルはぴったりしまっているので、衛生上の問題はなさそうです。問題なのは紙コップ式の自動販売機。

紙コップ式の自動販売機の中は、ジュース・砂糖・クリームなどが分かれて入っています。

これを狙ってある生き物が近づいてくるそうなのです。その生き物とは・・・

ゴキブリ

ゴキブリ

え~~~

勘弁して~~~

紙コップタイプの自動販売機の内部は、糖分などゴキブリのエサになるものが豊富です。

しかも自動販売機の熱であったかポカポカ。ゴキブリやその他の虫たちが集まってくるのも分かります。

ちなみに私はゴキブリが大嫌いです(そもそも好きな人なんていないと思うけど)。

家の中にゴキブリが出てきた日にはパニックを起こします。今は家族で住んでるから退治してもらえますが、1人暮らししてる時はもうホントに悲惨でした。

そんな私がこの都市伝説を知ってしまったら、もう紙コップ式の自動販売機では恐ろしすぎて買えません(悲)

自動販売機メーカーを信じるしかない!

でも、本当なのでしょうか。

都市伝説になるくらいだから、ゴキブリが来ることくらい自動販売機メーカーも分かってるはずです。それなりに対策してるはずなんです。

技術の発達してる日本のメーカーが、そんな大事なことをないがしろにするはずがありません。

あってはなりません。絶対にゴキブリの影響を受けないようにしてるはず。そう信じましょう。

ゴキブリがいたとしても、飲み物に影響がないならまだ許せますが、ゴキブリの触れたものを私たちが飲んでるとしたら・・・

想像したくもありません。こんな都市伝説はデマだと信じましょう。紙コップ式自動販売機メーカーはゴキブリ対策してるはずだと信じましょう。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事