バレンタインは菓子メーカーが儲けるために始めたって本当?
スポンサードリンク

ご年配の方に質問です。子供の頃にバレンタインデーってありましたか?

ほとんどの方が「なかった」と答えるはず。だってバレンタインができたのは最近のことなんですから。

バレンタインの起源はかなり古い!

バレンタインの起源は、3世紀にローマにいたキリスト教司祭の「バレンティヌス」から由来しています。

当時のローマ皇帝は、若者の結婚は戦意が落ちるということから禁止していました。

このことをおかしいと感じていたバレンティヌスは、密かに若者たちを結婚させていたんです。

これがローマ皇帝にバレて処刑されてしまうのですが、バレンティヌスの処刑された日が2月14日と言われています。

ハッシー
なるほど!

処刑されてから200年がたったころ、ローマで「ルペルカーリア祭」というのが2月14日に行われるようになりました。

このお祭りは、未婚の女性が自分の名前を書いた紙を集めて、翌日に未婚の男性がその紙を順に引いていき、紙に書かれた女性とお付き合いするというお祭りでした。

当時のローマ教皇は、風紀が乱れるという理由でこのお祭りを廃止。その代わりに、キリストの聖人を奉る行事へと形を変えたのです。

その行事の名前を、200年前に処刑されたバレンティヌスからとり「バレンタイン」としました。

ここからローマでは、2月14日のバレンタインデーには贈り物を送るという風習が根付いていったんです。

ハッシー
これがバレンタインの発祥と言われています

日本ではいつからバレンタインデーは始まったの?

日本ではいつからバレンタインデーができたのかというと、それから1500年もたってからです。

バレンタインチョコが日本で初めて発売されたのは、1932年に西洋文化の影響を受けた神戸の洋菓子店と言われています。

ここから少しずつ浸透していき、1960年代には大手菓子メーカーがこぞってバレンタインチョコを発売しています。

1970年代に入ってからは「愛する人にあげるチョコレート」なるものが次々と出てきました。

それからは会社の同僚などにあげる「義理チョコ」、自分で食べるための「自分チョコ」、男性から女性にあげる「逆チョコ」など、どんどん発売され始めています。

日本でバレンタインデーが世の中に広まったのは1970年代からと言えそうです。

ハッシー
けっこう最近なんですね

バレンタインはお菓子メーカーによるお金儲けの戦略!?

女性たちは今では普通に2月14日が近づくとチョコを買いますよね。もうそれが当たり前になってしまっています。

でも、ちょっと考えてみてください。これって、お菓子メーカーの戦略にまんまとはまっているんじゃ.......。とも思えてきませんか?

ハッシー
確かに……

そして、ホワイトデーが3月14日になったのもお菓子メーカーが関係しているらしいのです。

1977年に福岡の菓子屋が「バレンタインチョコのお返し」として始めたのが最初と言われています。

3月14日にしたのは、ちょうど1か月後だから分かりやすいと考えたとの噂も.......。これも徐々に広まっていき、今ではすっかり日本に定着していますよね。

しかもホワイトデーには3倍返しとか。世の男性たち(私も含め)は本当に大変です。

ハッシー
ま、まさか、3倍返しを言い始めたのもお菓子メーカーだったりして……

本当にバレンタインデーやホワイトデーが日本に根付いたのは、お菓子メーカーの陰謀なのか。

儲けるというよりも「恋人への感謝の気持ちを伝える日」としたかっただけではないのか。

いろんなことを考えてしまいますね。いまだに謎が残っている都市伝説です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事