玉の輿(たまのこし)の由来を聞けば確実に納得できる
スポンサードリンク

「玉の輿(たまのこし)」という言葉、聞いたことありますよね。

玉の輿の意味は、女性がお金持ちの男性と結婚して自らも裕福になることを言います。女性の憧れでもあるようです。

逆に男性がお金持ちの女性と結婚することは「逆たま」と呼ばれています。漢字では「玉の輿」と書きます。玉残しではありませんよ。

この玉の輿の由来が実に面白く、実に納得できるんです。それでは玉の輿の由来を見ていきましょう。

玉の輿の由来となったのは八百屋の娘「お玉さん」

玉の輿の由来は、江戸時代までさかのぼります。

江戸時代(3代将軍家光の時代)に八百屋の娘「玉」がいました。あるとき八百屋を営む玉の父が亡くなってしまいます。

玉は野菜を納めていたことで繋がりのあった、下級武士の家に嫁ぐことになりました。そして玉は公家出身の尼僧の侍女として奉公することになります。

玉が仕えていた尼僧が3代将軍徳川家光に挨拶する機会があり、玉もお供をしました。

そのときに玉の姿を見た家光はえらく気に入り、側室にするために玉は大奥に入ることになったのです。

そんなこんなで家光の子を産んだ玉。この子供こそ生類憐みの令で有名な5代将軍「徳川綱吉」です。

このような経緯で、八百屋の娘だった玉は将軍の母まで上り詰めたのです。まさにシンデレラストーリー。まさに玉の輿ですね。

  • 八百屋の娘
  • 武士の嫁
  • 公家出身の尼僧の侍女
  • 将軍「家光」の側室で大奥入り
  • 将軍「綱吉」の母

こんな感じで、どんどん上り詰めていった玉。運もあったでしょうけどね。

玉の輿の由来は八百屋の娘「お玉さん」だったのです。そして玉の輿の「輿」というのは、人が入る乗り物です。

家光に見初められて大奥に入るときに、玉の乗った輿が大変立派だったので「玉の輿に乗る」と言われるようになったのが「玉の輿」の由来となったわけです。

これ以外にも諸説ありますが「八百屋の娘お玉さん説」は妙に納得してしまいませんか?

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事