人それぞれ思い入れがある夏の歌は違うと思います。それは当然です。

ここでは30代の私が「夏の歌といえばこの曲」と思う5つを紹介していきます。

夏の歌といえばこの曲5選

それでは私が勝手に選ぶ夏の歌5曲を紹介していきます。30代後半の私なので、自然と懐メロが多くなっちゃいますがご容赦ください。

夏色(ゆず)

夏の歌といえばゆずの夏色は外せません。1998年発売でゆずのデビュー曲でありながら代表曲でもある名作。PVが爽やかさ全開で、夏のワクワク感を感じられる夏の歌です。

この曲も発売されてから20年以上たってるんですね。もう懐メロに分類されるのかも。時の流れは早いです。

夏色の口コミ

日本を代表する夏の歌

ゆずをではなく、日本を代表する夏の名曲。爽やかなメロディは思わず口ずさみたくなります。20年たった今でもライブや音楽番組の定番でもあり、これから何年も大切に歌われていくのだと思います。
ゆずの原点の曲

星が5つでも足りないくらい。夏色を聞いたら海に行きたくなっちゃいます。今では売れっ子となりましたが、ゆずの原点の曲なので力強さを感じます。
聞いてるだけで楽しくなる

夏の歌といえばコレ。この曲以外に考えられない。夏を好きになれるし青春って感じがする曲です。明るい曲で、聞いてるだけで楽しくなれる数少ない曲。

太陽は罪な奴(サザンオールスターズ)

サザンオールスターズの夏の曲で最初に思いつくのはコレです。ノリが良くてザ・サザンという曲。

「高気圧はビーナスたちの交差点~」とか歌詞は、凡人の私には理解できませんが桑田さんっぽくて好きです。

この曲を聞くだけで、なぜかウキウキしてきて気分が上がってきます。

太陽は罪な奴の口コミ

夏の爽快感が感じられる

確かに太陽は罪な奴です。紫外線とか(笑)この歌は、真夏の爽快感が感じられて大好きな歌です。
この歌のためにライブに行った

サザンの中でいちばん好き。最初から最後までノリがよくて大好き。この歌を聞くためにライブに行きました。

夏を待ちきれなくて(TUBE)

TUBEはほとんどが夏の歌ですが、中でも夏を感じられるのは「夏を待ちきれなくて」ではないでしょうか。

TUBEのシングル16枚目にしてはじめてオリコン1位を記録した曲でもあり、TUBEの代表曲にもなっています。

夏を待ちきれなくての口コミ

前向きな曲

さよならから始めようという歌詞どおり失恋ソングですが、さよならからスタートしようという前向きな曲です。夏に新しい恋がしたい~
カラオケは難しい!

夏の歌といえば最初に思いつく歌です。大好きでカラオケで歌ったのですが大失敗でした。TUBEは難しい!

瞳そらさないで(DEEN)

ポカリスエットのCMソングとして印象に残ってます。爽やかなDEENが歌う爽やかな曲。

これも懐メロになっちゃうんですね。本当に時の流れははやい.......。そりゃ年もとるわな~

瞳そらさないでの口コミ

何年たっても色あせない

ポカリのCMでながれてた曲。当時は子供でしたが大人になってから聞くと懐かしくもあり、ずっと聞いていたいそんな曲です。夏に聞くとさらに気分が盛り上がります。それにしても名曲って何年たっても色あせないんですね。
イントロからワクワク

夏に聞きたい曲。海に向かうときに車の中で流すと最高!イントロからワクワクさせられます。

いつまでも変わらぬ愛を(織田哲郎)

これもポカリのCMで流れてた楽曲です。当時のポカリのCMって爽やかで夏を感じさせてくれてたんです。

そんなに思いっきり夏の歌ではないんですけど、ポカリのCMのイメージが強烈すぎて私の中では夏の歌として認識してます。

いつまでも変わらぬ愛をの口コミ

若い人にも聞いてほしい

かなり昔のヒット曲ですが、いいものはいつ聞いてもいい。平成生まれの若い世代にも聞いてほしいです。
涙が止まらない

ラブソングと思っていたのですが、この曲は過去のイジメのことや亡くなられたお兄さんへの思いが歌詞に込められていたんですね。そう思いながら聞いてみると震えと涙が止まりません。

まとめ

いかがでしたか?私が思う夏の歌といえばこの曲だろうという曲を5つ紹介してみました。

全て1990年代の懐メロとなってしまいましたが仕方ありません。だって私は90年代にいちばん歌を聞いてたんですから。

ハッシー
古すぎて全然わかんねーよって人・・・ゴメンナサイ

音楽をお得に聞きたいならKDDIのうたパスなんていかがでしょうか?なぜauのを紹介するのかというと私がauユーザーだからです(笑)

 

「ずっと音楽に浸りたい」「お店で音楽を流したい」って方は有線放送という手もありますよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事