守護霊のメッセージ「ラップ音」。私は身を持って体験しました。
スポンサードリンク

ラップ音って聞いたことありませんか?

守護霊様のメッセージともいわれるラップ音です。「パン!」と手を叩くような音が特徴です。

ここではちょっとスピリチュアルなラップ音にまつわる都市伝説を紹介します。

「ラップ音なんてどうせ都市伝説でしょ?」と侮るなかれ。私は実際に体験しました

霊感が強い人なんかはラップ音が起きてから、寒気・耳鳴り・頭痛などの症状が出ることもあるようです。

そこまでいってしまうと、ラップ音はやっかい極まりないですよね。

それにひきかえ私はスピリチュアル体験なんて、今までこれっぽっちも感じたことがありませんでした。

そんな私は、ラップ音を実際に聞いたことがあります。

ハッシー
嘘じゃありませんよ!

この体験をするまでの私はラップ音というか、幽霊そのものに対しても半信半疑でした。

でもラップ音を聞いてからは、90%くらい霊の存在を信じるようになりました。実際に見たわけではないので、100%までには至りません(笑)

どういう経緯で私がラップ音を聞いたのか、ちょっと聞いてください。

私がラップ音を聞いたときのお話

今から約10年前。私は両親と兄夫婦と甥っ子と共に暮らしていました。

ここでカギを握るのは甥っ子です。当時は0歳でした。話すこともできず、たまに笑うくらいのときです。

そんな時期の甥っ子が、誰もいないほうを見てケラケラと楽しそうに笑ったんです。しかも、その日だけではなく数日にわたって。

どう考えても何も笑う要素のないところを見て、毎日笑うので家族みんな不思議に思っていたんです。

この時の私は霊が存在するのかどうか半信半疑だったのですが「小さい子どもは幽霊が見える」と聞いたことはありました。

「もしかしたら幽霊が見えているのかも!」と思った私は、家の中に私しかいないときに甥っ子が笑っていたところに向かって話しかけてみました。

「誰かいるんですか?もしいるなら教えてください。」と。

ハッシー
我ながら「1人で何て馬鹿なことをしてるんだろう.......」と恥ずかったことを覚えています

霊がいるかもしれないと思われる場所に話しかけても、そのときは何も起こりませんでした。

「やっぱり幽霊じゃなかったんだ.......」と思いながら、出かけるため家を出る私。

すると突然「パンッ」という大きな音が家の中から聞こえてきました。

あまりに突然のことだったので、私は思わず身をかがめてしまったほどです。

なんの音だろうと家の方を見たら、その場所はさっきまで私が話しかけていた場所だったんです。

甥っ子が見て笑っている場所。そこは壁際。家を出てその場所を通ったときに大きな音。「まさか........これはラップ音では?」と瞬時に思いました。

だって話しかけていた場所から音がしたんですから。今まで一度もそのようなことがなかったにもかかわらず。

ハッシー
この瞬間から、幽霊の存在を90%くらい信じるようになりました

それから数日たった頃から、甥っ子がその場所を見ても何の反応も示さないようになりました。

果たしてあの音は本当に幽霊(守護霊様)が私に向かって発したラップ音だったのか.......。これは私の中だけの都市伝説です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事