地球は奇跡中の奇跡中のそのまた奇跡の星といわれる5つの理由
スポンサードリンク

地球には人類だけじゃなく、たくさんの生物や植物が存在しています。

「そんなの当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、これっていくつもの奇跡が起こらない限りあり得ないことなんですよ。

その理由を見ていきましょう。

地球が奇跡の星と呼ばれる5つの理由

理由その1 太陽系がある場所

太陽系は銀河系の外側に位置しています。

銀河系は中心にいくほど星が密集していて劣悪な環境になります。そうなると生命の誕生はあり得ません。

銀河系の外側に太陽系があることが1つ目の奇跡です。

理由その2 太陽からの距離

生命は水がないと生存することは不可能です。太陽から距離が近すぎると水が蒸発してしまいます。逆に遠すぎると水が凍ってしまいます。

水が水のまま存在できる場所を「ゴルディロックスゾーン」と言います。

地球はこのゴルディロックスゾーンのど真ん中に位置していていることで、生命が誕生することができました。

理由その3 木星の存在

実は太陽系には、無数の小天体や物質が飛び交っています。1つでも地球に落ちてくると、甚大なダメージを受けてしまうのは言うまでもありません。

事実過去には地球にも多くの小惑星が落ちてきているんです。恐竜絶滅のきっかけも小惑星の衝突ですよね。

でも、地球に小惑星などの天体が落ちてくる確率を木星が減らしてくれているんです。

木星がなければ今よりも8000倍、隕石が落ちてくる確率が高まると言われています。

木星の重力は巨大なので、地球に来る前に小惑星は木星の重力につかまり木星に降り注ぎます。

木星のおかげでで長く生命が地球に存在できるというわけです。

理由その4 地球の衛星「月」の存在

月の絶妙な引力と地球からの距離のおかげで、地軸のバランスが取れています。

これにより地球に四季ができ、気温が安定して多様な生物が誕生できたんです。

また潮の満ち引きにも月が一役買ってくれており、そのおかげで海のバランスが保たれています。

月がなければ人類は存在できなかったでしょう。月の誕生にも奇跡が起こっていました。

理由その5 自転スピード

地球は24時間で1回転します。これを自転と言うのですが、このスピードが絶妙なんです。

スピードが速いと強風が吹き荒れます。遅すぎると気温の上下が激しくなります。

まさに1回転24時間というのは、生命が存在するのには絶妙な時間と言えます。

ハッシー
数多くの奇跡が起こり地球は生命あふれる星となりました。

奇跡すぎる惑星「地球」

私たちの住む地球は奇跡が重なって誕生した星だったんです。地球という奇跡の星が生まれる確率でこんな話があります。

地球が生まれる確率は、25メートルプールに時計の部品を投げ込み、水流だけで時計が完成するのと同じ確率。

ハッシー
「ほとんど不可能でしょ!」と思いますよね。

「今の地球があるのはこのくらいの確率だ!」という科学者もいるほどに地球という星は奇跡の星と言うことです。

私たちはそんな奇跡の星に生まれて人生を歩んでいます。なんか、考えさせられちゃいますよね。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事