マクドナルドのポテトにまつわる都市伝説
スポンサードリンク

マクドナルドにあるポテト。美味しいですよね。正式名称はマックフライポテトと言います。

ここではマクドナルドの中でも人気のメニュー「マックフライポテト」にまつわる都市伝説を紹介します。

マクドナルドのポテトが150円になるのには理由があった!?

個人的にはポテトの中でも、マクドナルドのポテトがいちばん好きです。

サイドメニューをナゲットにしたのは1度だけで、いつもポテトにするほど大好きすぎます。

知っている人も多いと思いますが、マクドナルドのポテトはS・M・Lと3つのサイズがあります。値段はそれぞれこんな感じ。

  • Sサイズ・・・150円
  • Mサイズ・・・270円
  • Lサイズ・・・320円

ちょっと高いかなという気もしますが、単品で買うことは滅多になく、ほとんどセット注文なのでそれほど気にはなりません。

最近のマクドナルドではポテト全サイズ150円というキャンペーンを行うことがあります。

このキャンペーンは私的にはかなり嬉しくて、太ると分かっていながらいつもLサイズを注文してしまいます。

ハッシー
分かっちゃいるけどやめられない……

この全サイズ150円キャンペーン。ちょっと多すぎな気がしませんか?けっこう頻繁に行われてますよね。

ここでマクドナルドのポテトにまつわる都市伝説をお教えします。

それは、マクドナルドのキャンペーンが失敗するとポテトを150円にするという都市伝説です。

マクドナルドではポテト以外でも、よく新バーガーを出したりしますよね。それがコケると、ポテト150円キャンペーンを打ち出すらしいのです。

事実かどうかは分かりませんが、私としてはLサイズが半額以下の150円で食べられるなら、理由はどうでもいいんですけどね。

ハッシー
理由はどうあれ安く食べられれば問題なし!

マックフライポテトの原価とカロリー

でも「なぜポテトを半額以下で提供できるのか?」と不思議に思いませんか?

全サイズ150円なんてやったら、ほとんどの人がLサイズを注文するのは目に見えています。1つにつき170円も値下げして売ってるようなもんですから。

ただこれにもカラクリがあるようで、実はポテトの原価がかなり安いらしいんです。

なんとLサイズの原価はたったの25円

これ、驚きじゃありません?原価25円ですよ。

こんなに安い原価なら150円でもかなりの利益が出る計算です。まして320円だったら........。想像しただけでも、ものすごい利益率になるのは明白です。

ハッシー
そんなに安いの?じゃあ100円でもいいじゃん!

もちろん、これに人件費などをプラスすれば利益は減るでしょうが、それを差し引いても経営者はウハウハでしょう。

ポテト自体の原価が安いから、マックフライポテト全サイズ150円のキャンペーンをやっても痛くもかゆくもないのです。マックが儲かるのも納得ですね。

ちなみに、マクドナルドのポテトのカロリーは凄まじいですよ。

  • Sサイズ・・・232kcal
  • Mサイズ・・・424kcal
  • Lサイズ・・・534kcal

となっています。

私たまに、Lサイズ2つ食べるときがあるのですが、2食分食べてるようなもんなんですね。ちょっと気をつけようと思います。

ハッシー
と言いつつ食べちゃうのがマックフライポテトの恐いところ

マックフライポテトを買うときは時間帯に注意!

いくつものマクドナルドのポテトを食べてきた私の経験ですが、マクドナルドのポテトは時間帯によって量が違う印象があります。

お店が混雑してるときは量が少なく、空いてるときは量が多いと思うのは私だけでしょうか。

たまにですが「倍くらい違うんじゃないの?」と思うくらい少ない時もあります。マックのポテトが大好きな私は、こんなとき凹みまくります。

ちょっと苦情を言いたくもなりますが、量が多い時もあるので我慢しているといった感じですね。

この「時間帯によってポテトの量が違う」というのは、私だけの都市伝説です。

ハッシー
このことに気付いてからは、なるべく空いてる時間にポテトを買っているのは言うまでもありません(笑)
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事