【動画あり】鹿島アントラーズvsレアルマドリードについて
スポンサードリンク

サッカー好きの方なら覚えていると思います。

2016年12月18日に行われた、クラブワールドカップ決勝戦の鹿島アントラーズvsレアルマドリードの試合を。

この試合で前代未聞のとんでもないことが起きたんです。

鹿島アントラーズがレアルマドリードとガチンコ勝負

何を隠そう私は茨城県出身ということもあり、地元チームの鹿島アントラーズを応援しています。

その鹿島アントラーズが、スペインのレアルマドリードとガチンコで対決するとあって当日は興奮しっぱなしでした。

ワールドカップは国の争いですが、クラブワールドカップはクラブチームの争いです。

クラブチームは多国籍軍のチームもあるので、ワールドカップよりレベルが高いとも言われています。

その大会の決勝戦に日本の鹿島アントラーズが進出して、相手は強豪中の強豪レアルマドリードということもあり、日本中が注目した対決でした。

大方の予想では圧倒的にレアル優位。それはアントラーズファンの私から見ても疑いようはありません。正直言うとレベルはかなり違うと思います。

ハッシー
でもサッカーは何が起こるか分からないスポーツ。私はそこに期待をしていました

鹿島アントラーズvsレアルマドリードの一戦を振り返る

期待を胸にキックオフ!ここでショックな出来事が.......

試合開始数分であっという間にレアルマドリードに先制点を奪われてしまったんです。

正直私は「ヤバい!大量失点もあり得る」と弱気になってしまいました。観戦していた人の多くが、そう思ったことでしょう。

しかし劣勢時に盛り返すのが我らが鹿島アントラーズ。前半終了間際に柴崎が同点ゴールをゲット

ハッシー
「しばさきーーー!」と絶叫したのは言うまでもありません(笑)

さらに柴崎は後半開始直後にもゴールを決めて、鹿島アントラーズが2-1と逆転したんです。

あのレアルマドリードに逆転したんですよ。これには絶叫するどころか、言葉を失ってしまいました。

涙が出てきそうにもなりました。でもグッとこらえて鹿島アントラーズを応援します。

しかし相手は最強レアル。柴崎のゴールから数分後に、クリスティアーノ・ロナウドが同点ゴール。これで2-2。

ここからレアルマドリードに圧倒されると思いきや、白熱の試合展開に。レアルが攻めたと思ったら、負けじとアントラーズも攻め返します。

ハッシー
ひいき目なしに見ても互角の戦いをしていました

レアル戦で起きた前代未聞の出来事とは?

お互いにゴールを奪えないまま迎えた後半45分。ここで衝撃のシーンが訪れます。

1枚イエローカードを受けていた、レアルマドリードのセルヒオ・ラモスが悪質なファールをします。

誰の目から見てもイエローカードは確実。ここでイエローカードが出ればレッドカードで退場になります。

審判も胸のポケットに手をやりイエローカードを取り出そうとします。

しかし.......

審判は何かを察したのか、胸ポケットから手を放しました。その手にイエローカードはありません。

ハッシー
え?どーゆーこと?

私も一瞬、何が起こったのか分かりませんでした。

私の完全な推測ですが審判は、

ここでイエローカードを出したらレッドカードで退場になる。そうなればアントラーズがレアルに勝ってしまうかもしれない.......

と頭をよぎったのだと思ってます。

審判は超巨大クラブのレアルマドリードに気を使ったんです!

ハッシー
完全な憶測です.......

審判のこの行為は、アントラーズの選手・テレビの解説者・世界中のツイートで猛烈に抗議されました。

だっておかしすぎますもん。その映像を見ていない方は見てみてください。

ハッシー
ね?どう考えてもおかしいでしょ?

このこともあり、2-2のまま後半終了。力を使い果たした鹿島の選手たちは、延長戦でレアルに力負けして結果は2-4で敗北です。

優勝は逃したけど素晴らしい決勝戦だった

スポーツにタラレバは禁物だし今さらどうなるものでもありませんが、世界一になれるチャンスだっただけに残念でなりません。

しかし日本の鹿島アントラーズが、あのレアルマドリードを追い詰めたのは紛れもない事実です。

鹿島アントラーズの選手たちは、本気でレアルマドリードに勝つつもりで試合をしていました。

気持ちで負けなかったのが、多国籍軍団レアルマドリードを追い詰めることができた要因ではないかと感じています。

ハッシー
サッカーは気持ちが超大事なスポーツなんですね

いろいろあった試合でしたが、この試合は日本全国の人たちが鹿島アントラーズを応援した初めての試合でもありました。

日本国中が一体となって、アントラーズを応援してくれている」と思うと嬉しくて仕方ありませんでした。今となっては本当にいい思い出です。

でもまだ諦めたわけじゃありませんよ。

ACL(アジアのクラブチャンピオンを決める戦い)で優勝して、クラブワールドカップの出場権を得て、もう一度決勝の舞台まで勝ち進んでくれることを期待しています。

そしてその時こそ、あの時の雪辱を晴らしてくれるんだと信じています

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事