スポンサードリンク

私は茨城の人間です。そんな私がどうしても許せないことがあります。

それは「いばらき」のことを「いばらぎ」と言う人。

「ぎ」じゃなくて「き」だから!と何度言ったことか分かりません。

ここでは茨城県民だけが気になる「茨城の読み方」について記事を書いてみました。

「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」

「いばらぎ」と呼ぶ人を許せない気持ちは、茨城の人間にしか理解できないはずです。

だって他の県の人たちは「そんなのどっちでもいいよ」と思ってるでしょうから。

しかし私たち茨城人にとっては譲れない問題なんです。茨城の読み方さえ知らないと、なぜか馬鹿にされたような気持ちになってしまうんですよ。

ハッシー
ちょっと感情的になってしまいました………

なぜこのような言い間違いをする人が多いのでしょうか。実は理由も、何となくは分かってます。

大阪に「茨木市(いばらきし)」という市があります。この影響は少なからずあるでしょうね。特に関西の人はこの影響が強いみたいです。

たまに「茨城県」のことを「茨木県」と書く人がいますが、こういう人は論外なので放っておきましょう。

それから茨城の「城」という漢字が原因のような気もします。完全にイメージですけど「キ」よりも「ギ」っていうイメージがありませんか?

「宮城県」がそのイメージを作ってるような気もします。

ハッシー
このようなことから「いばらぎ」と言う人が多いのかなと勝手に思ってます

でも100歩譲って、一般人が読み方を間違える分にはまだ許せるんです。私が一番許せないのは、アナウンサーの言い間違え。

アナウンサーは言葉のプロです。そのプロが間違えるなんてことは、あってはなりません。

「人間なんだから間違えもするよ~」という甘えは許しません!他の言葉ならともかく、茨城の読み方だけは間違っちゃいけないんです。

以前私がニュースを見ていた時にアナウンサーが「いばらぎけん」と言い間違っているのを聞いたことがあります。

このときには、はらわたが煮えくり返りそうでしたよ。テレビ局に電話してやろうかとも思いました。

ハッシー
もちろんしてないけど……

このように茨城県民は茨城の読み方にかなり神経質になっています(私だけかも.......)。

なのでこの記事を見た方は、しっかり「いばらきけん」と覚えてくださいね。

それからアナウンサー、二度と間違えないでね!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事