2月が28日までしかない理由がテキトーすぎて唖然!
スポンサードリンク

不思議に思ったことはありませんか?なぜ2月は28日までしかないのかと。

31日の月を30日にして、2月にあげればいいじゃんと普通は思いますよね。

気になったので2月が28日になった理由を調べてみました。

2月が28日の理由はローマ皇帝のわがままのせい

現在の暦は古代ローマ帝国によって作られたと言われています。

古代ローマでは、奇数月を31日、偶数月を30日としました。しかしそれでは1年は366日になってしまいます。どこか1日削る必要が出たわけです。

当時は3月から農業が始まることもあり、年度末は2月と考えられていました。そうした理由もあり、2月から1日とって29日となります。

ハッシー
この時点で2月は29日までです

4年に1度の閏年には、2月は30日までという仕組みにしたのもこの時です。

ちなみにこの時のローマ皇帝「ユリウス・カエサル」の誕生月は7月でした。

7月の名前はQuintilis(クイーンティーリス)だったのですが、カエサルは自分の名前のJulius(ユリウス)と変更してしまったんです。これが現在のJuly(ジュライ)となりました。

話を戻します。ここまでの話では、2月は29日までですよね。まだ28日にはなっていません。28日となったのはカエサルの次の皇帝が影響してきます。

カエサルの後に「アウグストゥス」がローマ皇帝になります。アウグストゥスもカエサル同様、自分の誕生月の8月に自らの名前をつけたがります。

ハッシー
アウグストゥスお前もか

もともと8月はSextilis(セクスティーリス)だったのですが、Augustus(アウグストゥス)に強引に変更してしまいました。現在でいうところのAugust(オーガスト)ですね。

さらにアウグストゥスは、自分の誕生月の8月が30日までしかないことに不満を持ちます。

ハッシー
いったい何が不満なの?どうだっていいじゃん!

そこでアウグストゥスは皇帝の権力を存分に使って、8月を31日までとしてしまったんです。

これでまた1年が366日になってしまいました。ここで犠牲になるのはまた2月です。

「2月からもう1日とって28日にしてしまえ!」とうことで2月は28日までとなりました。

ハッシー
悲惨すぎる2月……

2月が28日までしかないのは、このような理由があったんです。超テキトーですよね。時の権力者によって2月の日数が減ってしまったんですから。

7月・8月と2か月連続で31日という謎も一気に解けてしまいました。鍵を握っていたのは、アウグストゥスだったんですね。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事