焦げたものを大量に食べるとガンになるという都市伝説
スポンサードリンク

子供の頃によく言われませんでしたか?「焦げをたくさん食べるとガンになるよ」と。

私も小さいころから刷り込まれてきたので、いまだに焦げたものには抵抗感が強いです。実際食べても美味しくもないですしね。

ここでは焦げに関する都市伝説を紹介します。

焦げを食べると本当にガンになるの?

焦げを食べるとガンになるとよく言われますが、これは迷信なのでしょうか。それとも本当なのでしょうか。

本当のところはどうなのか気になりますよね。その答えをお教えします。その答えは・・・

ガンになる

なんと焦げたものを食べすぎると本当にガンになってしまうようなんです。

ということは、この都市伝説は単なる迷信ではなく事実だということです。

ハッシー
本当だったの?じゃあもう焦げてるの食べれないじゃん!

どのくらいの量の焦げを食べるとガンになるの?

焦げを食べすぎると本当にガンになってしまうことが分かりました。でも問題はその量。

ガンになってしまう目安量、気になりますよね。その答えも分かっています。その答えは・・・

毎日1トン食べ続ける

まさかの1トンです。1トンとは1000kgのことです。そんなに大量の焦げを食べ続けたら、ガンになる前に違う病気であの世へ行ってしまいそうです。

ハッシー
1トン食ったら確実に死ぬわ!

1人の人間が毎日1トンも食べられるわけがないので、焦げたものは気にしないで食べても大丈夫そうです。そんなに美味しくはないですけどね。

でも人によっては美味しいという人もいるみたいですよ。魚の焦げ・肉の焦げ・パンの焦げ・ピザの焦げ・ご飯の焦げetc

そう考えると確かに私も、ピザの焦げは大好きでした。ピザってちょっとくらい焦げてないと美味しくないんですよね。

結論としては、もしあなたが大の焦げ好きだったとしても、1日1トンはやめときましょうね!というお話でした。

ハッシー
食ってたまるか!
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事